沿革

株式会社ジーシーシー 沿革

1965年(昭和40年) 「(株)群馬電子計算センター」として、
前橋市千代田町に資本金500万円で設立
1966年(昭和41年) 資本金を 2,000万円に増資
1969年(昭和44年) 現住所に新築移転(前橋市天川大島町)
1971年(昭和46年) 選挙投開票集計システムの開発で自治大臣表彰
1974年(昭和49年) 情報化週間で通産大臣表彰
1976年(昭和51年) 漢字処理システム稼働
1978年(昭和53年) 安全対策のため社屋を大改修
1979年(昭和54年) 群馬県庁へオンラインサービス開始
1981年(昭和56年) 市町村へオンラインサービス開始
1986年(昭和61年) 上毛新聞社と共催で、「'86ぐんま情報フェア」を開催
1987年(昭和62年) 東京支社設立
1988年(昭和63年) システムインテグレータ登録企業となる
1989年
(昭和64・平成元年)
埼玉事業所(現埼玉支社)設立、SP(セキュリティプレイス)ビル新築
安全対策実施認定事業所となる
1992年(平成4年) 茨城支社設立
1993年(平成5年) CIを導入し、社名を「株式会社ジーシーシー」と改称
1995年(平成7年) 泉沢ファクトリエ(ソフトウエア開発センター)完成
1996年(平成8年) インターネットホームページ接続サービス開始
1997年(平成9年) システムインテグレータ認定企業となる
戸籍管理システム(電子ファイル化)スタート
データエントリ部門を分社し、「(株)群馬電子計算センター」設立
1998年(平成10年) プライバシーマーク使用認定事業所となる
1999年(平成11年) 利根沼田サテライトオフィス開設、吾妻サテライトオフィス開設
ISO9001認定登録企業、(株)ジーシーシー自治体サービス設立
2000年(平成12年) (株)ジーシーシースタッフ設立
2002年(平成14年) 東部サテライトオフィス開設、西部サテライトオフィス開設
熊谷サテライトオフィス開設(現埼玉支社)
ハウジングサービスを開設
2003年(平成15年) ISMS認証取得
2004年(平成16年) 東京営業所(現東京支社)開設、高崎センター開設
2005年(平成17年) 埼玉支社と埼玉営業所を統合・移転
東京支社多摩営業所、北関東営業所開設
2006年(平成18年) 東北営業所を開設
自治体ERPパッケージシステム『e-SUITE』の提供開始
税務情報システムのコンビニ収納対応を開始
2008年(平成20年) 税務情報システムのクレジット収納対応を開始
2009年(平成21年) 東北営業所を閉所
東日本電信電話(株)と提携、第2データセンターの運用開始
(株)TKCと業務提携、地方税の電子申告化を推進
ホスティングサービスを開始
2010年(平成22年) 多摩営業所を移転し、東京西支社に改称
2011年(平成23年) 北関東営業所を閉所
高崎センターを高崎支社に改称
セールスフォースドットコム(株)と業務提携、クラウド版防災システムの提供開始
e-SUITE基幹系システムユーザ様に情報漏えい事故対策説明会の開始
2013年(平成25年) 前橋本社を移転
e-SUITEv2財務会計システムの提供開始
2014年(平成26年) 府中オフィスを開設
2015年(平成27年) GCC LGWAN-ASPホスティングサービスの提供開始
横浜オフィスを開設
ISO20000認証取得
ページの先頭に戻る

株式会社 ジーシーシー あったらいいなをあるべきものに 自治体のソリューションパートナーGCC